悪い口コミの英語リスニング教材を活かす!

ライバルの英語リスニング教材の悪い口コミが役立つ!

 

 

おすすめの英語リスニング学習法

 

 

そのためには、精聴と多聴を意識しましょう。

 

1つの英文でさえもしっかりと聞き取る訓練

 

精聴です。

 

英語リスニングに慣れてき時に、とにかく

 

多量の英文を聴き続ける、なるべく様々な分野の英文を

 

聴くのが多聴です。

 

まず最初は、個々の単語の正確な発音を覚えることが大事。

 

最初は、精聴から始めるとよいです。

 

発音が分からない初心者であれば、

 

最初は、カタカナ表記を利用して音を覚えても構いません。

 

しかし、聴き取れるようになってきたら、そのままカタカナ発音を

 

覚えたままにしておかないで、正しい正確な発音を

 

身につけるようにしましょう。

 

この覚え直しにも精聴が有効です。

 

最終的には、必ずネイティブの正確な発音を身に付けるように

 

意識しておきましょう。

 

 

 

英語,リスニング,教材

 

 

 

精聴を続けて、英語のリスニングを学んでいれば、

 

この慣れない音もしっかりと聞き取れることでしょう。

 

そういう経験を積み重ねて、

 

正確に聞き取れる英文がある程度ストックされてきた段階で、

 

多聴により、英語のリスニング力を一気に付けましょう。

 

多聴は、英会話の訓練にもなります。

 

とにかく、英語をどんどん聴き続けるからです。

 

書き取りをやるとよいかもしれません。

 

書き取れなかった部分=聞き取れなかった部分が

 

はっきりと分かるため、自分の理解度を再認識することができます。

 

そして、スラスラと書きとれた英文というのは

 

自分の頭の中にすっと入ってきている、

 

意味内容を理解できている英文と言えるでしょう。

 

これは、英文を英文で理解していることになります。

 

その上で、聞き取れなかった英文を集中的に訓練すれば

 

自分の弱点を補強することができるのです。

 

 

 

 

英語,リスニング,教材

 

 

 

普通の人なら、口コミやレビュー、体験記で

 

良い評価を与えている英語リスニング教材を

 

選んで購入することでしょう。

 

 

でも、それで本当にいいのでしょうか?

 

 

購入前に、今一度、振り返って欲しいポイントを

 

お伝えしたいと思います。

 

 

それは、英語リスニング教材の悪い評価が役に立つ

 

ということです。

 

 

英語,リスニング,教材

 

 

えっ? 意味が分からないって?

 

 

簡単に言うと、あなたが購入しようとしている英語リスニング教材の

 

悪い評価だけをチェックするだけでは足らず、ライバル教材の悪い点も

 

チェックしましたか?、ということです。

 

 

ライバル教材の悪い点が、あなたの選んだ教材ではなければいいのですが、

 

そうでないなら、今一度、振り返って購入を考えてみてください

 

ということなのです。

 

 

リスニング教材は、だいたい似たり寄ったりですが、中には聞き流し英語など

 

特徴的な教材もあります。

 

だから、ライバル教材も含めて、それぞれの英語リスニング教材の

 

メリット・デメリットを総合的に判断して

 

購入する教材を決めましょう。

 

そして、それを客観的に判断できるのが、

 

自分の選んだ教材の悪い評価だけでなく、

 

ライバル教材の悪い口コミも役に立つわけなのです。

 

 

なるべく、数多くの口コミ、レビュー、体験記に触れてみるべきです。

 

 

そうすると多くの人の意見、様々な視点から判断することができます。

 

 

 

 

 

 

悪い口コミで分かる!英語の捉え方が分かっていない人たち・・・

 

日本語と英語はそもそも意味の捉え方、

 

言葉の背景にある概念そのものが違います。

 

 

日本人が英語をできない理由の一つに

 

英語を聞いて(読んで)、頭の中で日本語に

 

和訳してしまう悪癖があります。

 

 

中学生レベルの簡単な英会話ならこれでも

 

問題ないでしょう。

 

 

しかし、日常会話や、少し込み入った話を

 

英語のやりとりでコミュニケーションをとるようになれば

 

なかなか上手くいかないのではないでしょうか。

 

それもそのはず、

 

日本語と英語はイメージの捉え方が異なります。

 

例えば、

 

日本語だと

 

「昨日、私は、面白い本を、読んだ。」

 

この文章のイメージを捉えるには、最後まで聞き取らないと

 

分かりません。

 

途中までだと、

 

「昨日、私は、面白い本を・・・」

 

本を買ったのか、もらったのか、見つけたのか、

 

肝心の部分が分かりません。

 

 

英語,リスニング,教材

 

 

しかし、英語だと

 

「Yesterday I read an interesting book.」

 

もうお分かりのように

 

私は読んだんだ・・・面白い本を

 

のような流れで英語は大事な部分

 

「誰が」 「どうした(何をした)」が分かってから

 

細かな肉付けをしていきます。

 

 

逆にこの英文をいちいち、日本語に変換していくと

 

前に戻ったり、後ろに飛んだりと大変になって

 

それこそ意味が分からなくなってしまいます。

 

 

まだ、簡単な文章だからいいですが、

 

I enjoy taking in the beauty of oceans and mountains with the people I love.

 

私はお気に入りの皆と海や山の美しさを楽しみます。

 

すぐにはつながりませんよね・・・。

 

だから、英語を英語のままイメージする脳作り

 

しなければいけません。

 

 

 

 

英語を英語のままイメージする脳作り 文化や国民気質の違いに注目!

 

日本語と英語はそもそも意味の捉え方、

 

言葉の背景にある概念そのものが違います。

 

 

日本人が英語をできない理由の一つに

 

英語を聞いて(読んで)、頭の中で日本語に

 

和訳してしまう悪癖があります。

 

 

 

先程も説明したように、

 

日本語と英語はイメージの捉え方が異なります。

 

 

これは、おとなしい日本人気質と

 

自己主張の激しい欧米人基質の違いなど

 

国民性にも現れています。

 

 

このように文化や国民気質の違いなども

 

考えると、より理解が深まることでしょう。

 

 

英語,リスニング,教材

 

 

 

 

 

英語リスニングを伸ばすならこのお役立ち小物が便利

 

英語のリスニングを上達させるのに役立つ

 

小物(グッズ)をいくつかご紹介します。

 

 

直接、英語のスニングを上達させるものでは

 

ありませんが、リスニング学習や勉強を続ける際には

 

あると便利で、役に立つ物なので参考にしてみてください。

 

 

・ホットアイマスク

 

英語,リスニング,教材

 

 

これは、ストレス解消、リラックスにもなります。

 

リスニング勉強で、英語の音に集中したい時に、ホットアイマスクを普通のアイマスク

 

と同じように利用することで、外部映像を遮断して集中できる上、

 

リラックス効果から、より英語の音への集中度を

 

高めることができるホットアイマスクです。

 

 

 

・マイク付きステレオヘッドホン

 

英語,リスニング,教材

 

このマイク付きステレオヘッドホンは、

 

特に説明しなくてもお分かり頂けるでしょう。

 

できれば、消音性を高めるために、耳をすっぽりと

 

覆うタイプのものがいいでしょう。さらにこのステレオヘッドホンは、

 

マイクが付いています。スピークナチュラル

 

自力で話せる英会話【ADVANCED BEGINNER】ビデオ講座のような

 

リスニングの次に学習するであろう、

 

スピーキングにも対応できるマイク付きステレオヘッドホン

 

周りの騒音を遮断して、しっかりと英語の音を

 

精聴する練習になるでしょう。

 

英語上級者が苦手なリスニングを伸ばすなら

 

 

英語,リスニング,教材

 

 

 

 

 

英語を極めたくない人には不要です。

英語に必要なのは、知識、暗記だけではありません。





⇒英語を極める脳力を身につけないなら見ないで下さい!